happy life *幸せ子育て日和*

埼玉生まれの30代兼業主婦。 夫と7歳の息子、1歳の娘との日常を綴ります。 おススメのお出掛け情報や食べ物などの感想、日々感じたことなど。 小さな幸せを感じられるよう毎日を過ごしていきたいと思っています。

【小学1年生】子供から学ぶ『メモ』の大切さと成功体験

f:id:happyupon:20200821110758j:plain

現在、小学1年生の息子。

保育園時代は、数字とアルファベットは、やたら沢山書いていたけれど、ひらがなはあまり家では書くことがありませんでした。

けれど、小学生になり、積極的にひらがなを書くようになりました。

また、国語の授業のおかげで、ひらがなでの文章もだいぶ上手に書けるように!

まだ、微妙な箇所もあったりするけれど、そこが、まだ1年生と言う感じでかわいいのです(笑)

そんな息子が学んだことを記したいと思います。

 

小1息子から学ぶメモの大切さ 

帰宅後、今までは家の鍵は私が開けていました。

けれど、息子がいち早く家に入りたがるので、先に鍵を開けれるように、先日鍵の開け方を教えることに。

まずは、実際に私が開けてみせて口頭で説明。

その後に、息子にチャレンジしてもらいました。

しかし、息子には少々難しかった様子。

すると

『いいこと思いついた!鍵の開け方をノートに書こう!!』

と、家に入るなり、すぐさま自由帳に書き始めました。

f:id:happyupon:20200821085901j:plain

そして、次の日の帰宅時。

息子は、早速リベンジしました。

そしたら、今度は

1回で鍵を開けることに成功!!

鍵の開け方を自分でメモしたおかげで

頭の中にしっかりインプット出来たようです。

 

もう1つの出来事。

夏休み最終日。

『あー、先生に怒られる!』

息子は思い出したかのように話し始めました。

 

「夏休み前に図書室の本を借りたんだけど、

図書カードに書く本の名前を間違えて、

書き直してから先生に渡すはずだったけれど、

忘れて持って帰ってきてしまった。」

 

とのこと。

確かに、図書カードが手提げ袋に入っていました。

怒られることが苦手な息子は

「絶対怒られる~!」

と、何度も不安がっていました。

私は

「ちゃんと先生に説明して謝れば、大丈夫だよ。」

と、伝えました。

 

すると

『そうだ!自由帳に先生に言うことを書いておこう!!』

と、先生に謝る言葉を書き始めました。

そして、事前に先生に言うことを家で練習しました。

 

始業式の日、ドキドキしながら登校した息子。

学童にお迎え時に

「今日、ちゃんと先生に言えたかな?」

と聞くと

『うん!ちゃんと言えたよ!』

と、笑顔で返答。

ちゃんと伝えることが出来て、先生にも怒られなかったようです。

 

f:id:happyupon:20200821111628j:plain

息子は、今回の体験を通して

『ノートに書くってすごいね!!』

と、キラキラした笑顔で話していました。

 

息子が自発的にメモをして覚えた成功体験。

息子の自信となってくれたことでしょう。

そんな息子を見て、また1つ成長を感じました。

 

小学生ママの日記 子育てブログ・テーマ
小学生ママの日記

**男の子のママ・パパ** 子育てブログ・テーマ
**男の子のママ・パパ**

最近の出来事 その他日記ブログ・テーマ
最近の出来事

 

≪合わせて読みたい≫ 

www.happymom-life.com

www.happymom-life.com

www.happymom-life.com