happy life *幸せ子育て日和*

埼玉生まれの30代兼業主婦。 夫と6歳の息子、1歳の娘との日常を綴ります。 おススメのお出掛け情報や食べ物などの感想、日々感じたことなど。 小さな幸せを感じられるよう毎日を過ごしていきたいと思っています。

【舞台】新橋演舞場『 ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』を観賞

親友が元光GENJIの佐藤アツヒロさんを応援していて、私も何度か一緒に舞台を観に行っています。

親友は毎回出演舞台を観に行っていますが、私は数年ぶりに舞台観賞してきました!

今回観たいと思った訳は

NEWSの元メンバーだった内博貴くんが一緒に出演しているとのこと。

f:id:happyupon:20190830131448j:plain

出典:https://natalie.mu/stage/news/339064

デビュー当時、内くんがすごく好きだったんです♡

https://jmania.jp/wp-content/uploads/2017/09/juchi01-thumb-205x300.jpg

出典:https://jmania.jp/201709/53162.html

正統派イケメンで、笑顔がとっても魅力的だった内くん。

未成年飲酒騒動でグループを脱退してしまいましたが。。

今はソロとして舞台をメインに俳優業を頑張っています。

あっくんと内くんのダブル出演ということで

これはぜひ観たい!と私の分のチケットも取ってもらいました♪

 

当日は、子供達を夫に託し、義実家に遊びに行ってもらうことに。

娘が生まれてからは、初めての子供たちから離れての大人時間です。

ワクワク、ドキドキしますね!

f:id:happyupon:20190830100038j:image

場所は、銀座にある新橋演舞場。

舞台に疎い私でも知っている有名な劇場です!

少し早めに着いたので、開場時間まで、劇場前にある茶房 絵梨花でひと休憩。

http://cafe-erica.cocolog-nifty.com/blog/images/fc4ab756c6374a19899ddb796214e5ed.jpeg

演出家 宮本亜門さんのご実家の喫茶店です。

アイスコーヒーを飲んで時間になったので、劇場へ。

 

ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!

f:id:happyupon:20190830135809j:image

ブラックorホワイト? あなたの上司、訴えます!

観に行った舞台は

『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます』

東京公演 千秋楽です。

 

≪あらすじ≫

とあるリフォーム会社の本社に、地方営業所でのパワハラを告発するメールが届く。

告発されたのは、佐藤演じる倫太郎の憧れの先輩・久保田所長だった。

倫太郎は先輩の潔白を証明するため、他人になりすまして問題の営業所に潜入するが……。 

 

パワハラ告発という重いテーマですが

『最高に笑って泣けるお仕事コメディ』と書かれているように

軽快に進んでいくストーリー展開の中で、最初から最後まで笑える場面が多くあり、その都度劇場内は笑いに包まれていました。

その中でも、現在の社会が取り巻く問題も描かれていて、考えさせられる内容でもありました。

今まで数えるほどしか舞台を観たことはありませんが、コメディは初めてだったので、すごく新鮮でした!

エンディングに向かうにつれて、どんどん役者さんの熱いエネルギーが高まっていくのを生で感じられて、見応え抜群でした!!

 

久しぶりの内くん。

花道から出て来た瞬間

スタイル抜群!かっこいい!!

カッコ良さは健在でした♡

声もハッキリしてカッコ良く、舞台向きの俳優さんだと感じました。

フリーのインタリアデザイナー役の元宝塚の真琴つばささんもカッコ良かったです!

毎回、舞台が終わった後のカーテンコールの時間がとても好きです。

東京公演千秋楽だったので、演技を終えた役者さんたちの達成感に満ちた笑顔が輝いていました。

内くんは終始クールな雰囲気でしたが(笑)

主演のあっくん、出演者の皆さん、スタッフ方々、最高に面白い舞台をありがとうございます!

 

観賞後は、カフェでガールズトーク

f:id:happyupon:20190830142438j:image

観賞後は、近くのカフェドクリエで、おしゃべりタイム♪

チョコレートケーキ美味しかったです♡

今日は子供がいないので、ゆっくりと沢山ガールズトークすることが出来ました。

あっという間に2時間経っていて、名残惜しく銀座を後にしました。

 

独身の頃は、ファミレスで何時間もおしゃべりしていたけれど、子供がいる今はなかなかそうはいかないので。。

久々に、母でなく妻ではない1人の女性としての時間を過ごすことが出来て本当に良かったです。