happy life *幸せ子育て日和*

30代の兼業主婦。 夫と5歳の息子との日常を綴ります。 おススメのお出掛け情報や食べ物などの感想、日々感じたことなど。 小さな幸せを感じられるよう毎日を過ごしていきたいと思っています。

1年前に自閉傾向があると言われた4歳息子~成長を振り返る~

今年もあっという間にあと半月ですね!

今日は約1年前のブログと共に、息子の成長を振り返ってみようと思います。

【1年前】

happysmile-life.hateblo.jp

happysmile-life.hateblo.jp

3歳になっても言葉の遅れがあった息子は、1年前位にやっとパパと呼べるようになり、その後ママとも言えるようになりました。

当時は言葉が遅く、癇癪も激しく、こだわりも強かったので、息子は自閉症なのかも。。と考えるようになりました。

発達支援の親子教室で関わってくれていた相談員さんや発達検査を行った臨床心理士さんにも多少自閉傾向が見られると言われていました。

なので、幼稚園では入園が難しいと言われて、保育園を申込。

3歳児クラスからだと定員数が増えて空きがあった為に、無事に入園することが出来てホッと一安心しました。

しかし、ちゃんと集団生活を送れることが出来るだろうか?と心配でした。

happysmile-life.hateblo.jp

また、病院での診断を受けるかどうか、いつ療育をスタートさせるかどうかと考えていました。

周りの方々のアドバイスにより、保育園生活が慣れるまで様子を見て、何か問題があるようなら考えていこうという決断に至りました。 

happysmile-life.hateblo.jp

6月の保育参観では、入園してまだ2ヶ月ということもあり、じっとしていられない部分がありましたが、10月の運動会では、クラスから離れることなく皆と一緒に楽しく参加することが出来ていました。

入園当初からは考えられない位の息子の成長ぶりに、嬉しくて涙が溢れてしまいました。  

happysmile-life.hateblo.jp

運動会の様子を見て、特に問題なく集団生活を送れていることを確信。

お話もとても上手になり、息子は自閉症ではなく、発達がスローペースなだけだったのかもと実感しました。

保育園では、同じクラスのお友達と楽しく過ごしているようで、好きな女の子とも両思い♡

コミュニケーションは、ちゃんと取れているようです。

1年間で見違えるように成長した息子。

当時は、早期診断・療育を受けなくちゃと焦っていましたが、今の息子の様子を見て、早期診断を受けなくて本当に良かったと思いました。

 

f:id:happyupon:20171215163711j:plain

発達障害や自閉症スペクトラム。

ここ数年で世間的にも認知されるようになり、早期療育に向けて、1歳半健診や3歳児健診などで発達がゆっくりだったり、育てにくかったりする子は息子のように何かしら引っかかると思います。

どう接していいか1人で悩まずに、市の専門機関に相談していくことは大切なことだと思います。

我が家の場合、相談員さんから適切なアドバイスを頂いたおかげさまで、息子の成長のペースを見守りながら、早い段階で診断せずに済んで良かったと思っています。

もちろん、その子によって早期診断が適切な子もいると思います。

知人の話では、早期診断をしたことにより、子供の障害の部分だけにとらわれて悩んでしまっているママさんもいると聞きました。

本当に難しい判断だと思います。

特に、息子と同じようなグレーゾーンの子に関しては、園での集団生活を通して、大きな成長を遂げる可能性が大いにありますので、様子を見てからでも良いかと思います。

しかし、園での集団生活の中で、馴染めない・落ち着きがないなど、何か問題が起きた時は、お子さん本人が一番辛い思いをしていると思うので、相談員にまず相談して、医療機関での診察や療育についても考えていくことが必要だと思います。

発達障害などが認知されるようになったことで、私立の幼稚園では入園をお断りされたり、転園を勧められることもあります。

悔しい気持ちや悲しい気持ちなど大きな葛藤があると思います。

私も当時は沢山泣きました。

でも、お子さんの特性を理解してサポートしてくれる園が必ずあります!

育てにくいお子さんをお持ちの親御さんは、ぜひ1人で悩まずに、市の相談員さんや専門機関で相談されてみることをお勧めします。

1年前に自閉傾向があると言われていた息子の成長を通して、同じように悩んでいる親御さんに少しでも参考になれば幸いです。